千仏鍾乳洞は子供も大人もアドベンチャー体験が楽しめる秘密基地!

お出かけ

福岡県北九州市にある秘境!
千仏鍾乳洞に行ってきました。

千仏鍾乳洞は北九州の有名な鍾乳洞で
中に入ると夏でも寒いくらい
小6、小4の子供達も大喜び!

鍾乳洞の途中には、膝下までつかれる
冷たい水の中を歩いて行くんですが
それがまた楽しかったんです♪

ゆっくりと時間をかけて自然に出来上がった
天然の鍾乳洞の形は感動もの!

子供達の長期休みの宿題のテーマにするには
持ってこいのお出かけスポットです。

小さなアドベンチャー体験。
家族で楽しめる神秘体験のできる場所!

それでは、詳しくご案内しますね。

 

 

『千仏鍾乳洞』ってどんなとこ?

『千仏鍾乳洞』の特徴

千仏鍾乳洞は昭和10年に、
国の天然記念物に指定された
子供から大人まで楽しめる歴史ある鍾乳洞です。

鍾乳洞の中は、1年を通して
平均気温16度、水温14度あり
夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。

鍾乳洞の入口から900m先までは
照明で明るく照らされていますので
高齢の方や小さいお子さんも
安心して中を散策することができます。

鍾乳洞の入口を入って、480mから先は
地下に流れる小川(子供の膝くらいの深さ)を
ジャブジャブ歩いて進みます。

まるで、アドベンチャー映画の探検のシーンみたい笑
子供達は「楽しかった~♪」と大喜びでした!

 

『千仏鍾乳洞』の場所・営業時間・料金

◆ 住所
〒803-0180
北九州市小倉南区平尾台3丁目2番1号

 

◆ 電話&FAX
電話 093-451-0368
FAX 093-451-0653

 

◆ 定休日 なし

 

◆ 営業時間
平日  9:00〜17:00
土日・祝日 9:00〜18:00

秋・冬季は日没で終了。
冬季の入洞受付は、
平日、土・日・祝日に関わらず16時15分まで
となっています。

 

◆ 料金
高校生以上の大人 900円
中学生 600円
小学生 500円
幼児(4歳以上)200円

*入場料は現金のみです。

*団体20名以上は2割引
*幼稚園・小学・中学の遠足・修学旅行は半額

*障害者の方は、本人のみ半額。証明書が必要です。

貸しぞうりは無料
数に限りがありますので、サンダルなどは持参する方がいいです。

 

ペットの入場について

小犬を連れての入場は基本的には可能ですが
必ずペット用のキャリーバッグに入れて
飼い主と一緒に入場してくださいね。

入場券の券売所で、ペット用キャリーバッグを
200円で貸してもらえます。

 

 

『千仏鍾乳洞』への行き方、オススメのアクセスは?

『千仏鍾乳洞』へバス・電車で行く方法

◆ JR
小倉駅より日田彦山線で石原町駅へ約30分
石原町駅前より、タクシーで約20分

 

『千仏鍾乳洞』へ車で行く方法

◆ 車
小倉南ICより約20分

お盆の時期はとにかく渋滞します。
そのため、早朝からいくのが良いと思います。

鍾乳洞に行くまでの道では
すれ違うのがギリギリの道もあり、
運転が大変です。

 

『千仏鍾乳洞』近辺のパーキング情報

千仏鍾乳洞の敷地内に
無料の駐車場(100台・営業時間終了後、閉門)があります。

 

『千仏鍾乳洞』の楽しみ方


※公式HPより画像引用

千仏鍾乳洞は、入口から480mの「奥の細道」から
小川のような水の中を歩きます。

途中、道幅が狭くなったり、
足場が深いところがありますので、
小さな子供さんはパパママが抱えてあげる場面も出てきます。

はき馴れたサンダルを持っていく方がいいですね。
なくても、千仏茶屋の隣でサンダルを借りることができます。

貸しサンダルは無料で借りられますが
数に制限があるので持参する方が確実です。

「小川のような」といっても、深いところでは、
大人のひざの下ぐらいまでの水深があります。

ですので、長いズボンをはいていると
確実にびしょぬれになりますよ。

女性の方でぴったりしたパンツを履いている人は
ひざまでまくり上がらないので
服装は考えていきましょう。

ひざまで折り曲げる、まくりあげることができるズボン
または半ズボン、ショートパンツがオススメです。

スカートも、歩きづらいのでNGです。

タオルは必須!
絶対にぬれるので足を拭くのに必要です。

鍾乳洞を歩くときは、床が濡れていて滑ることもあるので
両手が開くようにリュックでいくことをおススメします。

手荷物預かりの有料ロッカー(100円)もあります。

鍾乳洞の入り口から900mほどは
電気照明があります。

900mあたりで照明が終わると
そこが折り返し地点。

往復で約40分ほどの探検です。

膝下まで水がある中、ジャボジャボと歩き
小川の冷たさと、幻想的な鍾乳洞を見ながら
奥へ奥へと歩いて行きます。

異次元の世界・異空間と感動と
冷たい空気で涼める環境が
特に夏にはうれしいですね。

電気照明が終わったその奥も、
自分で懐中電灯を持っていけば
ズンズン進んでいくこともできます。

ですが、天井がとっても低いそうで
天井からも水がポタポタ落ちてくるそうなので
小さい子連れでは少し厳しいかもしれません。

鍾乳洞は不思議な異空間を歩いているような
体感ができるので
子供はもちろん大人も楽しめますよ。

 

 

『千仏鍾乳洞』の穴場スポットとは

『千仏鍾乳洞』の穴場スポットと言えば、
千仏茶屋(せんぶつちゃや)!!!

千仏茶屋のカルストまんじゅう(写真) 1個100円
10こ以上の注文は、1個90円になります。

白い皮の中にはさつま芋の餡が入った
素朴な風味のお饅頭です。

千仏茶屋(せんぶつちゃや)には
売店や食堂もあり、カルストまんじゅうの他にも
うどんなどの軽食が食べられます。

 

 

『千仏鍾乳洞』の残念だったところ

千仏鍾乳洞は体験型鍾乳洞ということで
意外に体力を使います。

駐車場から入り口までは山を降るのですが、
はっきり言って、坂道が地獄です!!!
帰りはかなりの勾配で子供でもキツイくらいです

駐車場近くの千仏茶屋横では
無料で杖を借りることができます。

体力にあまり自信のない方や高齢の方は
坂の上り下りがあるので
杖を借りておくほうが安心ですよ。

 

『千仏鍾乳洞』のコロナ対策

コロナ感染拡大防止対策のため、
マスク着用が義務つけられています。

また、入場者が多い時は人数制限しているため
駐車場で待つこともあります。

特に、夏場は涼しいので
観光客で『密状態』でした。

ソーシャルディスタンス・・・
ちょっと無理そうと感じました。

 

『千仏鍾乳洞』 まとめ

「九州でいちばん面白いスポット」という人がいるくらい
大人も子供も探検気分を味わえる
天然のアドベンチャースポットです。

水の中をジャボジャボ歩ける鍾乳洞は
千仏鍾乳洞しか聞いたことがありません。

途中、流れが急な場所もあるので
クロックスでは流されるかもしれません。

子供用には、川の底を滑らずに歩ける
マリンシューズタイプがオススメです。

歩きやすいはき馴れたサンダルと足拭き用のタオル、
小さい子供はパンツや洋服などの着替え
ワンセットを用意しておく方がいいです!

鍾乳洞の中は照明が途中までしかついてないのですが
かなり奥まで行けるそうですので
次回は、マイ懐中電灯をもって
行けるところまで行ってみたいです!

 

 

タイトルとURLをコピーしました