サーモスフライパンは焦げ付かない!人気のおすすめサイズは26cm。

kaji ライフスタイル

毎日の食事作りに欠かせないフライパン
どんなお気に入りのフライパンも
使い込むと焦げ付いたり劣化してしまいます。

どうせ買い換えるのなら、
コスパが良くて性能も良いフライパンがいいですよね。

そこで、私が今、気に入って使っている
水筒でも有名なTHERMOS(サーモス)のフライパンをご紹介します。

サーモスのフライパンはどんな使い心地なのか?
良いも悪いもレビューしていきます!

 

 

 

サーモスのフライパンの種類と大きさ

kaji

サーモスは水筒で有名ですが
フライパンもいろんな種類があります。

最近は、ガスコンロの他に
IHコンロを使っている家庭も多いですよね。

我が家では、ガスコンロを使っているので
ガスコンロで使える低コストの
KFDシリーズを選びました。


 

サーモスフライパンKFDシリーズとは

サーモスフライパンKFDシリーズは、
ガス火専用の軽量モデル
です。

デュラブルコート」というコーティングがされていて、
焦げ付きにくいのが特徴です。

写真はフライパンについていたパッケージの帯です。

kaji

 

サーモスフライパンには他にもこのようなラインナップがあります。

取っ手のとれるシリーズ

・耐摩耗性能デュラブルコートを採用

・そのまま調理やオーブン調理できる

 

 

KFFシリーズ

・耐摩耗性デュラブルコートを採用

・IH対応モデル

 

KFDシリーズ

・耐摩耗性デュラブルコートを採用

・ガス火専用モデル

・薄いアルミを使用した軽量にこだわったモデル

 

KFCシリーズ

・プラズマ超硬質コート採用

・IH対応モデル

 

 

耐久性はKFCシリーズが一番高く、
デュラブルコートとは違う方法のコーティングで、
更に耐久性が良いというキャッチコピーです。

その分お値段は高価になっています。

 

 

サーモスフライパンの大きさや形

サイズ

・18~30センチ

 

フライパンの形

・浅型、深型フライパン
・鍋型
・専用ふた

 

9点セット、5点セット

ご家庭の調理環境や家族構成、
用途に合わせて選んでみて下さい。

 

私が購入したKFDシリーズ20cmと26cmのレビュー

kajikaji

2つの大きさを比べてみると、これだけの差があります。

20cmは、朝ご飯の目玉焼きやウインナーなど
少し焼きたい時に便利。

卵二個ほどを使った卵焼きを作るのにも、
ちょうど良いサイズです。

 

26cmは、家族4人分の
メインのおかずを作るのに使っています。

野菜炒め、焼き肉、焼き魚、煮物も出来ますよ。
うちではパスタを茹でるのにも使います。

わが家は、子ども2人、大人2人の4人家族ですが、
焼きそばを作るのにもちょうど良い大きさです。(麺は約4玉)

大人4人家族ぐらいになると、
もう少し大きいサイズがオススメです。

 

20cmの方が、使用歴が半年ほど長いので裏の焦げ方が激しいです。

半年ほどほぼ毎日使用していますが、
表面はまだまだ焦げ付きなく使用できています。

 

 

サーモスフライパンを使ってみた感想

kaji

 

サーモスフライパンの良かったところ

程よい重さ

重さは、
20cmが約410g
26cmが約530gでした。

重すぎず軽すぎず持ちやすいです。
料理を入れて片手で持ち上げることも
全然しんどくありません。

 

持ちやすい

取手は変な曲がりもなく、真っ直ぐで持ちやすいです。
長さもちょうどいいです。

取り付けもしっかりされているので
ゆるんでくることも今のところ無しです。

 

焦げ付かない

料理をしたあとの焦げ付きがなく、
スルッと洗い流すことができます。

焦げ防止のためのコーティングが強いことを感じます。

まだ使い初めて半年ほどですが、今のところの耐久性は二重丸。

 

コスパが良い

26cmの大きい方は、
Amazonで2,000円未満で購入しました。
このクオリティで2,000円未満だと充分満足です。

20cmの小さい方は1,000円ちょっとくらいでした。

 

デザインも良い

落ち着いた青色で、形もスマートでオシャレ。

持ち手の先に穴が空いているので、
フックに引っ掛け収納をしている人にも良いですよ。

 

サーモスフライパンの悪かったところ

 今のところ思い当たりません。

もっと安いフライパンもあるかもしれませんが
耐久性や使いやすさを考えると
お値段以上の価値があり、満足しています。

 

 

サーモスフライパンは使いやすくてお手ごろ価格

サーモスフライパン、KFDシリーズのフライパンは、
耐久性、持ちやすさ、価格、重量
すべてが優れているように感じます。

調理面はつるつるしているので、
コーティングに傷が付きにくいのではないかと思います。

また、熱の伝わりやすさも程よく、
難しい火加減も必要ありませんでした。

ギョーザを焼いてお皿の上でひっくり返す作業や、
オムライスを作るとき卵を乗せる作業もきれいに出来ますよ。kaji

今のところはまだまだ使えそうですが
次にもし買うとしても、
サーモスフライパン、KFDシリーズをリピートする予定です。

フライパンを購入する予定の方には
ぜひオススメしたいシリーズです。

自分に合うものに出会えたら
家事も楽しくなりそうですよ。

タイトルとURLをコピーしました